そもそも『スーパーフード』って何だ!?

superfood

そもそも『スーパーフード』って何だ!?

superfood2

常日頃から健康や美容に人一倍気を付けている方はもちろん、そうではない方々も一度は耳にしたことがある『スーパーフード』というこの言葉。

 

大体のイメージは、『健康に良い食べ物何だろうな』『食べると美容にもいいものなんだろうな』というくらいでしょうか。

 

でもどこまでが『スーパーフード』何だろう?

定義ってあるのかな?

 

という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は『スーパーフード』についてご紹介します。

 

そもそもの始まりは1980年代頃のアメリカだそうです。

お薬ではなく食事療法を研究する医師や専門家の間で、有効成分を特に多く含む食べ物に対して『スーパーフード』という単語が使われはじめられました。

 

スーパーフードを語るうえで、バイブルとされる2冊の著書があります。

 

1冊目は『スーパーフード処方箋〜あなたの人生を変える14の食品』です。(2004年)アメリカの医師スティーブン・プラットの著書

 

この本ではスーパーフードを「健康によい栄養分を豊富に含みながら、しかも多くは低カロリーである食品」と定義されています。また抗酸化作用が高いもの、老化や生活習慣病の予防によいもの、がんのリスクを遠ざけるものとされています。中国の薬膳や漢方にも通じるところがあるとされています。

 

2冊目は、ロー・リビングフードのカリスマ、デイヴィッド・ウォルフ著の『スーパーフード』(2009年)です。

この中では一般的な野菜というよりもハチミツやカカオ、ココナッツ、クコの実などいわゆる「健康食品」といえるようなものを取り上げています。単に栄養面ですぐれているというだけでなく、ある特定の有効成分の含有量が飛び抜けて高いもの、ごく少量で栄養・健康成分を効率的にとれるものこそ「スーパーフード」という見解です。

 

このようにスーパーフードとは、はっきりと特定の食品を定義したものではありませんが、栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であることが条件とされています。

 

また、スーパーフードとは、一般的には「抗酸化力」のある食品の総称とされているケースが多々ありますが、「抗酸化=スーパーフード」ではありません。

 

ケミカルに作られたものではなく、自然生まれの食品であることが基本。さらに、その中でも人間が体内で作ることができない栄養素「必須栄養素」を程よく含んでいることが必要です。

superfood3

これが全てではありませんが『プライマリースーパーフード10』なるものがあるようなのでご紹介させて頂きます。

・スピルリナ

・アサイー

・カカオ

・ココナッツ

・チアシード

・ブロッコリースーパースプラウト

・カムカム

・ビーポーレン

・クコの実(ゴジベリー)

・麻の実(ヘンプ)

 

案外簡単に摂取できるものが多いことに驚かされますね。

皆さんもスーパーフードでより健康で楽しい毎日をお過ごしください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る