ハチミツの栄養素

kenkouhoney

蜂蜜に含まれる栄養素

ハチミツって、なんだか身体に良さそうだけど、実際にはどんな成分が含まれているか知っていますか?実はこれが凄いんです!

天然はちみつは、ビタミンB1、B2、葉酸などのビタミン類、カルシウム、鉄をはじめ、27種類のミネラル、22種類のアミノ酸、80種類の酵素、ポリフェノールや若返り効果があるといわれているパロチンなど、150を超える成分が含まれた栄養豊かな食品なんです。

またハチミツに含まれているビタミンは、非常に良質なものであることがわかっています。
ビタミンの研究が進むにつれて、人工的に作ったビタミン剤は、大量に用いても、天然のビタミンよりも効き目がないこと判明しました。
やっぱり自然の力にはかなわないですね。

eiyoushi

実はビタミンには「活性型」と「不活性型」があり、活性型は少量で効くけれども、不活性型は大量に用いなければ効かないのです。

ハチミツに含まれるビタミンは92%が活性型です。

人工的に作られたサプリメントなどとは、ビタミンの質がまったく違うというわけですね。ハチミツは単なる糖分のかたまりではなく、その中に有効な成分を多量に含んでおり、薬効もあることが古くから知られています。

ハチミツの薬効に関しては、1989年に英国王立医学誌の論文で取り上げられるまで、根拠のないものとして医学界では無視されてきました。現代でも、先進国ではあまり注目されていませんが、医学的な検証が繰り替えされた結果、その効果が実証されてきています。

アフリカのような医療費が高く、医療設備も整っていないような国では、ハチミツは重要な治療薬として活用されています。

15770678860_12328b5a5d_z

ハチミツを薬として活用してきた歴史は古く、紀元前1550年前に書かれた古代エジプトの医療書にハチミツを薬として使う方法、ハチミツを材料とした薬の用法についての記録が残っているらしいです。

それによると、ハチミツを材料とした円形脱毛症の薬まであるらしいです。古代文明恐るべしです。

 

また、ハチミツの100グラム当たりのエネルギーは294キロカロリーです。砂糖は348キロカロリーなので、砂糖の約6分の5くらいのカロリーになります。同じ甘味料でも、砂糖よりも太りにくいのが特徴です。

ハチミツは体内に吸収するために、これ以上分解する必要のにないブドウ糖と果糖で構成されています。このため消化が早く、すぐにエネルギーとして活用できるので、胃腸の弱い病人やスポーツ選手の間で愛用されています。

砂糖は消化酵素で分解しなくてはならないショ糖(ブドウ糖と果糖が結合したもの)で構成されているので、ハチミツに比べて消化吸収が遅いことも証明されています。

ピックアップ記事

オーガニックネーションズ

2014.11.22

G’Day world!

G’Day! グッデイ!はオーストラリア特有のカジュアルな挨拶です。こちらの訛りで発音すると”グッダイ!になります。オーストラリアにご…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る