レンゲ花ハチミツ

honey4

レンゲ花はちみつ

レンゲの花からとれたハチミツです。

レンゲは、花の姿が蓮の花に似ているので蓮華(れんげ)と呼ばれています。

 

味には上品なコクがありソフトでまろやかな舌ざわり、美しく淡い色調と日本人の好みにぴったり合っています。ほんのり酸味があり、フローラルな香りがします。

国内産のハチミツの中では、もっとも癖のない種類です。

 

日本を代表するハチミツで、もっともポピュラーなことから蜂蜜の王様と形容されています。

 

レンゲは岐阜県の県花でもあり、日本の養蜂は岐阜県が発祥地と言われています。

レンゲ花はちみつの国内産出量も岐阜がナンバーワンです。

でも、農作事情や虫の害から今では、(2008年頃)かなり栽培地域が少なくなってしまいました。いまでは、隣国の中国産のレンゲ花はちみつにお株を奪われています。

 

主に甘味料として、肉や魚料理などの隠し味に使うのに適しています。

(魚や野菜の臭みを和らげてツヤを出し、肉を柔らかくし、料理の味を引き立てます。)

パンやヨーグルトにかけたり、ホットミルクに入れたり、そのまま食べるのにも向いています。癖がないので、どんな料理にも使いやすいのが特徴です。

 

食べると便秘を解消したり、利尿作用があると言われています。

 

レンゲ花はちみつのデータ

合う料理:パン、ヨーグルト、ホットミルク、肉料理、魚料理。そのまま食べる。

癖、味:      癖はほとんどなく、食べやすいです。ほんのり酸味があります。

香り、色  :            薄いフローラルな香りがします。色も薄い黄色です。

効果 :                   便秘解消、利尿作用、肝機能向上

ピックアップ記事

naver_net_20130724_170723

2014.12.4

ハチミツはどう選ぶ?

ハチミツは天然で非加熱のモノを選ぼう 特集記事でもご紹介したはちみつですが、どんなハチミツでもOKというわけではありません。ハチミツに…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る