アトピーのケアとして

howtousejojoba

アトピーのケアとして

アトピーのガサガサ肌は、皮脂を分泌する力が極端に低下してしまっています。
皮脂にはワックスエステルという成分が含まれており、これは外界からの異物の進入を防ぐ機能と同時に体内から水分及び電解質の損失を防ぐ保湿機能があります。その皮脂が分泌されないと肌が乾燥し、かゆみを引き起こす原因になると言われています。

 

そこで、登場するのがホホバオイルです。ホホバオイルにはこのワックスエステルが多く含まれています。ホホバオイルは、アトピーの肌に足りないワックスエステルを補充する事により、乾燥や異物から肌を守り、肌本来の潤いを保ちます。

hoshitsu

 

アトピーのケア方法

刺激に弱く、ごしごし洗顔や体を洗う事の出来ないアトピーの肌にはオイルをたっぷりと塗ることが必要です。オイルを塗り15分ほど経ったら、柔らかい布やティッシュなどで、優しく拭き取りましょう。

 

またお風呂上り、肌が水分をたくさん含んでいる状態の時に、オイルをのばすこともオススメです。この状態の時に使用する事が、最も長時間、お肌の乾燥やかゆみを感じずに過ごすことにつながっていくからです。
※希に、体質や使用箇所によっては最初、抗体反応の様にかゆみや軽い痛みなどが一時期的に出る場合がございます。大抵の場合、2~3日でおさまりますが、症状が続く箇所は使用をお控え直ぐに専門医にご相談ください。

 

ピックアップ記事

オーガニックネーションズ

2014.11.22

G’Day world!

G’Day! グッデイ!はオーストラリア特有のカジュアルな挨拶です。こちらの訛りで発音すると”グッダイ!になります。オーストラリアにご…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る