ダークチョコレートって本当は凄かった!?

c3a4e18f939320e98c0f851de722a162_m

今日はいつもお世話になている健康食品ショップに行って見つけた”Organic Raw Dark Chocolate” です。初挑戦でしたが甘さ控えめでとってもおいしい!!

ウイスキーやブランデーとの相性が良さそうなチョコレートですね。

『ダークチョコレートが健康促進にいい』というお話はよく聞きますが、これなら逆にはまっちゃいそうですね。

写真 4-12-2014 9 26 46 pm

ダークチョコレートって本当はすごかった!

ダイエット中でもチョコレートだけはどうしてもやめられないという女子は多いでしょう。チョコはカロリーが高く、お肌にも悪いとされるため、一口食べるだけでも莫大な罪悪感に悩まされてしまいますよね。しかし!もうそんな心配は無用。砂糖控えめでカカオたっぷりのダークチョコレートなら、ビタミンやミネラル、抗酸化物質が豊富で、実は美容に良いことだらけなのだ。

以下はダークチョコレートの代表的な美容効果5つ。これを読めば、今すぐにでも日々のルーティーンにダークチョコレート・ブレイクを取り入れたくなること間違いなし!

11e3ff0e697159d65dba1001e522c59e_m

  1. 乾燥肌の味方

ダークチョコレートには、鉄分、カルシウム、ビタミンA、B1、C、D、Eなどの栄養分がたっぷり含まれている。コーヒーや緑茶をカカオを豊富に含んだココア(無糖がオススメ)などに変更することで、お肌に潤いと健康的な輝きをもたらしてくれるだろう。また、オリーブオイル、黒糖、ココアパウダー、バニラでつくったDIYのボディスクラブでお肌を洗えば、古い角質を優しく除去することも可能。

 

  1. 紫外線対策に効果的

ダークチョコレートに含まれるフラボノールは、日焼けによるやけどや赤みからお肌を守ってくれることが臨床実験でも立証されている。しかもチョコレートは、直接肌につけると日焼け部分を保湿し、ダメージを受けた肌を修復してくれる効果もあるそう。ただし、日焼け止めの代わりにチョコレートを塗るのはオススメしない。

 

  1. シワ予防もできちゃう

チョコホリックなら、一口含んだ瞬間に口いっぱいに広がるあの幸せの味はよ~くご存知のことだろう。実際、カカオはストレスホルモンを減らす作用があり、お肌の大敵である心のストレスを緩和してくれる。ストレスホルモンが減れば、コラーゲンも破壊されずに済み、故にシワもできにくくなるというわけ。

 

  1. 髪もツヤツヤに

潤い不足のパサパサの髪の毛も、蜂蜜、ヨーグルトとダークチョコレートを混ぜたホームメイドのヘアマスクでキラッキラの艶髪に。ヘアマスクを塗った上からラップでカバーし、約1時間ほどおいて水で流せば、誰もがうらやむような美しい髪を手に入れることができる。プラス、パック中はあま~いイイ香りに心癒やされることは言うまでもない。

 

  1. 髪の毛を伸ばしたいときにも力を発揮

ダークチョコレートに含まれる銅、鉄分、亜鉛などのミネラルは、細胞の成長を促進する効果があり、丈夫な髪の毛を育てるのに最適。チョコレートを毎日食べることで、体内の酸素量が増え、血流がよくなり、健康で強い髪を生やす頭皮を育てることができるのだ。

c3a4e18f939320e98c0f851de722a162_m

ダークチョコレート以外のチョコは効果ナシ

高血圧の予防・改善効果があるとして、数々の学術論文で医学的な効果が認められている食品の1つ「チョコレート」。その成分に含まれているポリフェノールにその秘密があるといいます。そして、3つあるチョコの種類のうち、血圧を本当に下げる効果があるのは「ダークチョコレート」だけなのだとか。

 

チョコが高血圧を下げる効果とは

いったい、チョコやココアの何が高血圧を下げる効果をもたらすのでしょうか? それはポリフェノールの一種である「エピカテキン」という物質によって、血圧が下がるということがわかってきています。

白い粉状の物質である「エピカテキン」は、りんごやぶどう、緑茶などにも含まれていますが、とくにチョコに多く含まれているポリフェノールの一種。チョコレートを食べると小腸でエピカテキンが吸収され、血液中に流れ込みます。

すると、血管の収縮をつかさどる内側の細胞「血管内皮細胞」にしみ込み、その活動を活性化。血管が拡張し、血圧の上昇を抑える効果があるのです。

 

ダークチョコレートだけ効果がある

とはいえ、さまざまな味のチョコレートが販売されています。どんなチョコを食べると、高血圧予防に効果があるのでしょうか?

いま販売されているチョコレートは大きく分けると3種類。1つめは、カカオに砂糖や粉乳類を加えて「ミルクチョコレート」。2つめは、一般的に売られている中でもっとも多い種類です。カカオバターに砂糖や粉乳類を混ぜて作られた、白い色が特徴の「ホワイトチョコレート」。

そして3つめは、カカオと砂糖だけで作られた、苦味が強い「ダークチョコレート」です。カカオの含有量が多いのが特徴で、さまざまな含有量のダークチョコレートが販売されています。

じつは、チョコレートのなかで医学的に効果があると証明されているのは、まだ「ダークチョコレート」だけ。ほかのチョコレートに関しては、今後の研究成果に期待が寄せられています。

 

チョコレートは2時間おきが効果的

それでは、血圧を下げる効果を発揮するには、どれくらいダークチョコレートを食べればよいのでしょうか? それには血圧を下げるエピカテキンの血中濃度をできるだけ長い時間キープすることが大切です。

そして、チョコを食べたあとのエピカテキンの血中濃度がピークになるのは2時間後。そのあとは代謝されて、濃度はどんどん下がっていきます。つまり、チョコは2時間おきにこまめに食べると効果的ということです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る