オメガ3脂肪酸がすごい

chi98

オメガ3脂肪酸の量がすごい
チアシードに含まれるオメガ3脂肪酸は、ほとんどがαリノレン酸(アルファリノレン酸)であり、体内でダイエットに効果のあるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)の原料になります。

痩せるために油を制限すると肌質が悪くなったりしますが、チアシードのω-3脂肪酸は細胞膜の原料となるため、きめの細かい柔らかい皮膚を保つのに効果的です。

また赤血球の細胞膜を軟化させる効果もあり、手足など末端部の血流が改善されて体温が上昇することで、冷え性や代謝の向上にも作用します。

オメガ3脂肪酸には、抗酸化物質としての効果もあるため、老化を予防する効果も期待できます。

omega

オメガ3脂肪酸は、心臓の健康だけなく、心や頭の健康にも大切だと言われている栄養素です。チアシードはオメガ3脂肪酸(ALA)を2.14g含みます。オメガ3脂肪酸が多いことで知られているクルミを同じカロリー分食べても、0.8mgしか摂れません。オメガ3脂肪酸のタイプが同一ではありませんが、動物性の中でトップ級のさばでも同カロリーだと含有量は0.4~1gです。チアシードの含有量はダントツです。

ピックアップ記事

オーガニックネーションズ

2014.11.22

G’Day world!

G’Day! グッデイ!はオーストラリア特有のカジュアルな挨拶です。こちらの訛りで発音すると”グッダイ!になります。オーストラリアにご…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る