ビーポーレン!ミツバチ花粉で花粉症対策

pollen

英語ではヘイフィーバー。『花粉症だから春が嫌い』なんで人も多いのではないでしょうか。

日本において花粉症を有する人の数は、なんと29.8%であったとの報告があります。花粉飛散数が増加していることに加えて、いろいろな環境の変化の影響が花粉症人口の増加の原因と考えられます。

kafun

ビーポーレン効果効能としては、栄養価の高さから【疲労回復・滋養強壮】、造血作用があることから【貧血】の解消に有効であるということがよく知られていますが、それ以外にも、免疫力を向上させることから【花粉症】【喘息】【鼻炎】などといったアレルギー性疾患の改善や対策、整腸作用もあることから腸内環境を整えて【便秘・下痢】などの改善にも効果的なようです。

このようなビーポーレンによる効能は、必須アミノ酸・ビタミン類・ミネラル類の他、身体にとって良い効能があると考えられている多くの酵素やフラボノイドなどといった栄養成分を実に多種多様に含んでいることから、それらの豊富な栄養素の相乗効果によって得られるものであると考えられます。

bee

ビーポーレンが花粉症対策に効果的であるといったことが広まったのは、アメリカの医学博士が行った研究結果を発表されてからで、その研究報告によると、ビーポーレンが花粉症や喘息などアレルギー疾患の患者さんに対して、ひじょうに高い確率で症状の改善効果があったと述べています。

そもそもビーポーレンには抗アレルギー作用があると考えられており、かゆみや炎症などといったアレルギー症状を誘発する【ヒスタミン】の過剰分泌を抑制する働きがあるのではないかと言われています。ヒスタミンというのは、花粉や埃、カビ、ダニなどといった【アレルゲン】が体内に侵入したり、外部からの刺激によって放出され、過剰に放出されることでさまざまなアレルギー反応を引き起こします。

 

アレルギー体質と食べ物

花粉症で悩まされている患者さんは増加傾向にあり、その原因には花粉の飛散数が増加していることによる影響も大きいのですが、食生活をはじめとする生活習慣の変化やその他のいろいろな環境の変化の影響も考えられており、アレルギーを発症しやすい体質の人が増えていることも背景にあると考えられています。

特に食事内容とアレルギー体質の関連性は大きく、かつての日本では少なかったアトピー性皮膚炎や花粉症の患者さんが急激に増加したのも食生活の乱れが誘発要因の主要な一つと言われており、摂取する栄養成分の偏りや保存料・防腐剤などといった食品添加物の摂取量増加などが大きく影響しているとされています。

pollen

ローヤルゼリー・プロポリス

ビーポーレンが豊富な種類の栄養素を含んでいることから、アメリカやヨーロッパなど欧米では天然の総合栄養食品として認知されおり、サプリメントとしても自然派志向の人から人気がありますが、日本ではビーポーレンよりも【ローヤルゼリー】や【プロポリス】の方が健康食品として圧倒的に知られており、実際にこちらの方がサプリメントなどとしてもたくさんの商品が販売されています。

ちなみに、ローヤルゼリーはミツバチが花粉を体内で消化・分解して作り出した乳白色のクリーム状の物質で、プロポリスは植物・樹木の樹液や樹脂などとミツバチが分泌する唾液の強力な酵素とを混ぜ合わせて作り出す粘着性の高い物質です。

ビーポーレン・ローヤルゼリー・プロポリス、それぞれミツバチが介在して作り出される天然の物質であり、その優れた栄養価の高さとさまざまな効能から多くの人々に愛用されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る